Q&A「ワクチンハラスメントへの企業の対応方法」

テーマ:ワクチンハラスメントへの企業の対応方法

質問

最近,コロナ禍において,ワクチンハラスメントという言葉をよく耳にするようになりました。ワクチンハラスメントの法的意味や,企業としての対応方法について教えてください。

 

回答

法律上,ワクチンハラスメントという定義が定められているわけではありません。ワクチンハラスメントを含め,労使間で問題となるハラスメントは,基本的に安全配慮義務違反もしくは不法行為として整理されます。そして,ワクチンハラスメントと一言にいっても,その内容については様々あることから,個別に検討する必要があります。

もっとも、その判断においては,パワーハラスメントの定義や厚生労働省の示すパワーハラスメントに関する指針等が参考になるでしょう。特に,パワハラ6類型のうち,「精神的な攻撃」「人間関係からの切り離し」「個の侵害」が,ワクチンハラスメントに該当するおそれが高いと思われます。

そこで,企業としては,ワクチン接種に関して,社内でこれらの類型をはじめとしたハラスメント行為を行わないように周知・徹底するべきでしょう。

 

 

オンラインセミナー開催中!

労務問題対策オンラインセミナー

労働問題に関するご相談メニュー

団体交渉(社外) 団体交渉(社内) 労働審判
解雇 残業代請求・労基署対応 問題社員対策
ハラスメント 就業規則 安全配慮義務
使用者側のご相談は初回無料でお受けしております。お気軽にご相談ください。 神戸事務所 TEL:078-382-3531 姫路事務所 TEL:079-226-8515 受付 平日9:00~21:00 メール受付はこちら