Q&A「粗暴な言動が多い従業員への対処法」

テーマ:粗暴な言動が多い従業員への対処法

質問

粗暴な言動が多い従業員がいて、周囲も迷惑しています。そこで、会社がこのような社員に対応するにあたり、注意するべきことはありますか?

 

回答

まず、なによりも相手の挑発には乗らないようにしてください。万一、会社側も粗暴な言動で対抗してしまった場合、対象従業員へ適切な注意・指導が難しくなるおそれがあります。
また、注意・指導や懲戒処分を行うにあたっては、粗暴な言動の有無や内容について具体的に主張・立証していく必要がありますので、問題となる言動の内容は細かく記録して、証拠化するようにしてください。記録するにあたっては、録音したり、防犯カメラを設置したりすることも有効でしょう。なお、従業員のプライバシーを侵害しないように、設置場所には注意が必要です。

さらに、粗暴な言動があった場合は、早めに注意指導等の対応をしてください。早めに対応しないと、後に裁判等になった際に、当該言動が「重大な問題ではない」「職場秩序が回復した」といった評価を受けるおそれがあります

 

 

オンラインセミナー開催中!

労務問題対策オンラインセミナー

労働問題に関するご相談メニュー

団体交渉(社外) 団体交渉(社内) 労働審判
解雇 残業代請求・労基署対応 問題社員対策
ハラスメント 就業規則 安全配慮義務
使用者側のご相談は初回無料でお受けしております。お気軽にご相談ください。 神戸事務所 TEL:078-382-3531 姫路事務所 TEL:079-226-8515 受付 平日9:00~21:00 メール受付はこちら